HOME > 水族館 > 干潟の生きもの > 磯遊び・干潟遊び

磯遊び・干潟遊び

  • 盤洲干潟

写真は盤洲干潟(東京湾アクアラインの下)の干潮時の様子です。

海の岩場や干潟にはたくさんの生きものが生息しています。手軽な自然観察を楽しんでみてはいかがでしょうか。いくつかポイントをまとめてみましたので参考にして下さい。

いつ行くの?

  • ► 一年中楽しむことができますが、水も温む春、天候が落ち着いてくる夏、そして普段見ることのできない南方系の生き物に会える秋がオススメです。
  • ► そしてたっぷりと遊ぶためには、潮の引いている時間を狙って行きましょう。新聞やホームページなどで発表されている「潮位表」で、干潮時刻、満潮時刻を確認しましょう。(下記サイト等を参考にして下さい。)
    気象庁の潮汐・海面水位のデータ 潮位表潮時表ホームページ
  • ► 昼間遊びましょう。夜は夜で不思議で神秘的な世界が広がっていますが、危険をともないますので、その場所を良く知ったガイドが同行してくれる時以外は控えましょう。
  • ► 天気の安定した日に行きましょう。低気圧や台風が近づいている時や去った直後などは海が荒れています。突然の高波も襲ってきますので、穏やかな日を選んで行きましょう。
  • ► 潮が引き始める少し前に行きましょう。潮が引いてからでは遊べる時間が少なくなります。思っている以上に潮が満ちる時間は早いです。

服装

  • ► 靴
    マリンブーツやマリンシューズのような足元のしっかりとしたものがあれば一番良いのですが、履きなれた運動靴も良いです。サンダルは滑る上に脱げ易いために、岩の多い磯場では危険です。
  • ► 帽子
    海は日を遮る場所も少なく、紫外線がとても強い場所です。暑さ対策、紫外線対策のためには必需品です。
  • ► 軍手
    水分で手がふやけてちょっとした事で切れやすくなっています。ダイビングの時に使うようなグローブが良いのですが、表面に滑り止め加工したような軍手でもOK。
  • ► 肌の露出の少ない服装
    長時間太陽の下にいることになるので、半袖、短パンは控えたほうが良いでしょう。日焼け防止、怪我の防止にもなります。
  • ► 防寒対策
    海の上は夏でも肌寒く感じることがあります。一枚上に羽織るもの(ウインドブレーカーのようなもの)があると良いです。
  • ► 着替え、タオル
    どんなに注意していても必ず濡れます。

携行品

  • ► 水筒
    たとえ涼しい日でも水分補給はこまめに行ないましょう。特に夏場は絶対に必要です。熱中症予防にも欠かせません。
  • ► 救急箱
    消毒液や傷用絆創膏、ガーゼなど擦り傷などに対応できるようにしておきましょう。とげ抜きも用意しておくと重宝する時があります。万が一、海洋生物に刺されたり、噛まれた場合や大きな怪我を負った際は、直ちに病院へで手当てしてもらいましょう。
  • ► あると便利
    遊び終わった後、砂だらけになった手足や靴を洗うための水をポリタンクで用意しておく。手洗い場などの設備がある所では必要ないのですが、無い場所のほうが多いです。(車でないと運べないのが欠点)
  • ► ゴミ袋
    出したゴミはきちんと片付けましょう。海はみんなの財産です。

あると便利な道具

  • ► 箱眼鏡や水中眼鏡、スノーケリング用具。潮溜まりの中を覗いてみましょう。
  • ► くま手、スコップ、ふるい。砂の中にも様々な生き物が生息しています。
  • ► ピンセット。岩のすき間などの生き物を捕らえるのに便利です。
  • ► たも網。生き物を捕まえてみましょう。
  • ► バケツや透明なプラスチック製のケースや虫かご。捕まえた生き物を入れて観察しましょう。
  • ► 懐中電灯。暗い岩の奥を観察するのに便利です。
  • ► 筆記用具、カメラ。記録しましょう。
  • ► 図鑑。調べましょう。

観察のポイント

  • ► 自分の目で探しましょう。慣れてくると様々な生物が見えてきます。
  • ► 岩に張り付いている生き物を探そう。貝やフジツボが見つかります。
  • ► 石の下や物陰をを探しましょう。カニやヤドカリなどが見つかります。
  • ► 砂を掘ってみよう。貝類、エビ類、ゴカイ類が見つかります。
  • ► 潮溜まりを覗いてみよう。魚、イソギンチャク、エビ、カニ、ウニ、ヒトデなど様々な生き物が見つかります。
  • ► 夏場から秋にかけては、普段見ることができないような南方系の魚が見つかります。

注意

  • ► ひとりでは行かないようにしましょう。海では何が起こるかわかりません。万が一を考えて行動しましょう。特に子供だけでは行かないように。保護者の同行を!
  • ► 天候や潮位には注意しましょう。
  • ► 貝、海苔、エビなどの養殖を行なっている場所、漁業権が設定されている場所では、漁場を荒らしたり、無闇に海産物を採ったりしないようにしましょう。それぞれの場所の注意に従って行動して下さい。
  • ► 危険生物には注意。クラゲ、ガンガゼ(ウニの仲間)、イソギンチャク、タコ(ヒョウモンダコ)、ハオコゼ、ゴンズイ、アイゴなど毒を持った生き物やカニ、ウツボなど鋭い歯や爪を持った生き物には十分に注意しましょう。やみ雲に素手で生きものをつかまないようにしましょう。
  • ► 岩場は滑りやすいので足元には十分に注意しましょう。
  • ► フジツボやカキ、岩や落ちているガラス片など、水で柔らかくなった皮膚はちょっと触れただけで切ることがあるので注意しましょう。
  • ► 夢中になっていると時間を忘れます。潮が満ちてきたら直ちに引き上げましょう。潮が満ちるのはアッという間です。
  • ► 怪我をしたり体調が悪くなったら、直ちに上がり、適切な処置を受けましょう。
  • ► 海の上にはトイレが無いので、遊ぶ前には用を済ませておきましょう。
  • ► 捕まえた生き物は海に帰しましょう。家に持って帰っても、それなりの設備が無いと死んでしまいます。