HOME  > 魚のヒミツ > 魚と毒 > ミノカサゴ

魚のヒミツ−魚と毒−ミノカサゴ

ミノカサゴ 美しいドレスに惑わされるな!

ハナミノカサゴ海の貴婦人とでも表現したらよいのでしょうか。美しく長いヒレを広げて優雅に泳ぐ姿には目を奪われるものがあります。そんなミノカサゴですが、その美しさとは裏腹に美しいヒレには毒がある。また、肉食性の魚で小魚や小さなエビやカニなど丸呑みにしてしまいます。

ミノカサゴの毒

ミノカサゴの毒は、不安定なタンパク質で構成されるものであるが、現在のところ詳しいことは不明です。毒は背ビレと腹ビレににあります。写真は背ビレの棘です。針のように鋭いことが一目でわかります。これで刺されたらと思うと・・・・。

ミノカサゴの背ビレの棘

被害 刺されると

ミノカサゴの仲間、普通に潜っていてどこでも遭遇する決して珍しい魚ではありません。被写体にするにはもってこいの魚で、カメラを持って近づいても逃げようとしません。毒を持っている事を知らなければ、つい手を出したくなる魚です。大人しそうに見えますが、執拗に追いかけたり、手を出したりすると、毒のあるヒレを立てて向かって来ます。実は私もカメラを向けていて、刺されそうになったことが何度かあります。また、最近は観賞魚として飼う人が増え、それを取り扱う時に刺されるケースも出ています。

ミノカサゴに刺されると激痛に襲われるます。そして、患部が赤く腫れ上がり、目眩、吐き気を催します。死に至ることは、ほとんど無いよですが注意に越した事は在りません。

応急処置 もしもの時の対処法

患部を水で洗い刺された部分から毒を搾り出し、棘が残っているようなら抜き取って下さい。毒が不安定なタンパク質であることから、火傷しない程度の熱いお湯に30分〜1時間漬けていると毒が不活性化し痛みが治まってきます。後は至急病院へ行き手当てを受けて下さい。

ミノカサゴを食べる

市場に出回ることは少ないのですが、たまたまミノカサゴが手に入ったので食べてみました。身は白身で美味そうなのですが、水っぽく旨味にかける魚です。


フグ毒 | シガテラ毒 | オニダルマオコゼ | ミノカサゴ | ゴンズイ | アイゴ |
ウミヘビ | アンボイナガイ | クラゲ | ウニ | イソギンチャク | サンゴ | 最後に一言

[日本の海水魚]
持ち運びやすいコンパクトサイズの図鑑ですが、日本近海の海水魚1246種を掲載。海に出かける時はいつも携帯しています。