HOME  > 魚のヒミツ > 今までお寄せいただいた質問 > Q11

魚のヒミツ−今までお寄せいただいた質問について

Q11 魚の体表面積の測定方法について

魚にガーゼ等を被せて、魚拓をとるように魚の形を映しとり、ニスで固め、それを魚の形に合わせてカットします。そして、その切り取った型に厚紙を合わせて縁をなぞり、形を転写します。そして、その線に沿って厚紙を切り取ります。次に同じ厚紙で例えば1cm四方の四角を切り取って、その重さを量り、先にカットした厚紙の魚の型の重さと比較して、面積を割り出すという方法です。

もっと手軽な方法として、魚にアルミ箔を、丁寧に端の方からシワが出来ないように巻きつけていくやり方です。アルミ箔で魚全体を覆ったら、重なる部分や余分な部分を取り除き、魚の体を覆っている正味のアルミ箔の重さを測定します。そして、予め面積の判っているアルミ箔の重さと比較して面積を出す方法があります。

[日本の海水魚]
持ち運びやすいコンパクトサイズの図鑑ですが、日本近海の海水魚1246種を掲載。海に出かける時はいつも携帯しています。