HOME  > お魚料理 > レシピ > その他 > ブイヤベース

ブイヤベース風 魚介のトマトスープ

ブイヤベース風 魚介のトマトスープ

材料 (3〜4人分)

  1. アンコウ(ぶつ切り) 200g
  2. ワタリガニ 6肩
  3. はまぐり 12個
  4. たまねぎ 1個
  5. マッシュルーム 3個
  6. じゃがいも 1個
  7. ニンニク 1個
  8. ホールトマト 1缶(400g)
  9. ブイヨン(固形) 2個
  10. タカノツメ 1ヶ
  11. ローリエ 1枚
  12. サフラン 1g
  13. 日本酒 1/2カップ
  14. 水 3カップ
  15. 塩 適宜
  16. イタリアンパセリ 適宜

作り方

  1. 魚屋で適当に白身魚、エビ・カニ、貝類を購入。魚介類はそれぞれ下処理をする。既に下処理をしたものを購入すれば手間なし。今回もアンコウとカニは既にぶつ切りにしてあったものを使っています。はまぐりだけ砂抜きをしました。
  2. たまねぎはスライスして、じゃがいもは他の具材の大きさに合わせて切る。
  3. 鍋にオリーブオイルを引いて、みじん切りにしたニンニク、タカノツメ、ローリエを加えて、香りと辛味を出す。
  4. スライスしたたまねぎを加えて、しんなりするまで炒める。たまねぎがしんなりしてきたら、厚めにスライスしたマッシュルーム、ホールトマトをつぶしながら加え、更に水と酒、ブイヨンを加えてひと煮立ちさせる。
  5. じゃがいもを加えて、煮立ってきたらアンコウを入れる。
  6. 魚を入れたら再び煮立つのを待ち、それからカニを入れる。
  7. 中火で煮込み、じゃがいもが柔らかくなってきたら、はまぐりとサフランを加える。
  8. はまぐりの口が開いたら、塩を加えて味を調える。
  9. 皿に盛って刻んだイタリアンパセリを散らせば出来上がり。

メモ

ブイヤベースの定義が良くわからないが、色々なレシピを見てみるとトマト風味よりもサフランで作るものが王道のようだ。今回はその両方を使っています。トマトの酸味にサフランの風味が加わってこれも美味しいぞ!

魚介類はお好みで。魚は白身魚がいいと思います。青魚は合わないような感じがします。