HOME > 水族館 > スズメダイの仲間 > オヤビッチャ

オヤビッチャ Abudefduf vaigiensis

  • オヤビッチャ Abudefduf vaigiensis

1

オヤビッチャ Abudefduf vaigiensis

  • 〔標準和名〕 オヤビッチャ
  • 〔英名〕 Sergeant major, Indo-Pacific sergeant
  • 〔分類〕 スズメダイ科
  • 〔学名〕 Abudefduf vaigiensis
  • 〔体長〕 10cm
  • 〔分布〕 インド洋、西部太平洋、紅海
  • 〔生息域〕 サンゴ礁域 (水深 〜15m)
  • 〔撮影地〕 沖縄−慶良間
  • 〔撮影日〕 2006/11/05

背中の黄色い模様と五本の横縞が目印です。沖縄の海ではどこでも普通に見られ、群れていることが多く、浅場のサンゴの間やタイドプールでもよく見かけます。シュノーケリングでも普通に出会うことのできるおなじみの可愛い魚です。どうしてこんな名前が付いたのか?ちょっと調べてみると、沖縄の方言で「アヤビカー」「アヤビッチ」からきてるという説や親になってもチビッチャイ魚というころからきている説といくつかの由来が見つかります。