HOME > 水族館 > ハタの仲間 > アゴハタ

アゴハタ Pogonoperca punctata

  • アゴハタ Pogonoperca punctata

1|2

アゴハタ Pogonoperca punctata

  • 〔標準和名〕 アゴハタ
  • 〔英名〕 Spotted soapfish
  • 〔分類〕 ハタ科
  • 〔学名〕 Pogonoperca punctata
  • 〔体長〕 30cm
  • 〔分布〕 インド洋、太平洋
  • 〔生息域〕 サンゴ礁域 (水深 〜200m)
  • 〔撮影地〕 沖縄−慶良間
  • 〔撮影日〕 2008/07/01

一番の特徴は顎に下にある皮弁。こんな所にペロッと舌を出したように変なものが下がっているんですよね。何のためについているのかな?「カエルアンコウ」が持っているエスカと同じように疑似餌のように使っているのかな?他にも大きな特徴があり、英語名からもわかるように、彼等の体の表面を被う粘液の中にはグラミスチンという毒が含まれており、この物質を大量に分泌すると海水が泡立ったようになるのです。これを使って他の魚を捕食したり、外敵から身を守っているのようです。これと同じグラミスチンを持った魚に「ヌノサラシ」という魚もいます。