カレイ ⁄ ヒラメの仲間


  1. 1

カレイ ⁄ ヒラメひと口メモ

皆さんは、区別できるかな?左ヒラメの右カレイ、どてらでもいいじゃないの。生まれた時は普通の魚と同じ形、それが成長するに従って・・・・。

ヒラメ科、カレイ科をはじめとして、カレイ目の仲間は世界で約570種。

ヒラメとカレイどちらも良く似ていますが、一般によく言われるのが「左ヒラメの右カレイ」。背ビレを上にして、頭が左にくるのがヒラメ、右にくるのがカレイです。ほとんどは、これで区別できますが、中には例外も有ります。また、ヒラメもカレイも、稚魚の時は普通の魚のように目が身体の両側にあり、成長するにつれて、どちらか一方に寄ってきます。

彼らは周りの色に合わせて自分の体の色を変える事が出来ます。砂泥底に好んで生息し、その生息域は水深10~200mにも及びます。肉食性で小魚やエビ、カニなどを捕食し、特にヒラメは大変な大食漢で、場所によってはオオグチと呼ばれる。いずれも大きいものは1m近くにもなります。

食用としてのカレイ・ヒラメは、刺身、煮付け、干物、など我々の食卓を飾るとてもポピュラーな魚です。旬の時期は冬で身も引き締まり脂も乗り大変美味しくなります。

Sponsored Link