ヒレボシミノカサゴ Dendrochirus biocellatus


ヒレボシミノカサゴ Dendrochirus biocellatus
  • 〔標準和名〕 ヒレボシミノカサゴ
  • 〔英名〕 Twospot turkeyfish, Twinspot lionfish
  • 〔分類〕 フサカサゴ科
  • 〔学名〕 Dendrochirus biocellatus
  • 〔体長〕 10cm
  • 〔分布〕 インド洋、西部太平洋
  • 〔生息域〕 サンゴ礁域 (水深 ~40m)
  • 〔撮影地〕 沖縄-慶良間
  • 〔撮影日〕  2013/07/20
  • 水族館 › カサゴの仲間

背ビレに大きな目玉がふたつ。

珍しい魚に出会いました。慶良間の海を何度も潜っていますが、この魚に出会ったのは2回目かな?普段は岩陰や洞窟など比較的暗い場所を好み、なかなか表に出てこない魚です。

この時も岩陰(岩のすき間といった感じ)に隠れており、そこを覗き込んだ時にスーッと泳ぎ出てきました。ちょっと驚かしたかな。しばらくすると元居た場所へ。どうやらここが落ち着くようです。

ヒレボシミノカサゴ Dendrochirus biocellatus

この岩陰をもう一度良く覗き込んでみると、奥の方は広くそこにもう一匹居るのが見受けられました。

名前の通りヒレに大きな斑点があります。これは敵の目を欺くための(こっちが頭だよとカモフラージュしている)ものでしょうか。海の中ではこんな風に後ろに目を模したような斑点を持つ魚を良く見かけます。

ヒレを広げる姿はとてもきれいなですが、この背ビレには強い毒があります。深い追いは禁物です。

関連記事

背ビレなど体の後ろ側に特徴のある斑紋を持った魚

  1. 1

Sponsored Link