魚と毒-ウニ | 魚のヒミツ


ウニ 危険な針で一杯です

濃厚で甘味があり、舌の上でトロ~リ溶けるウニが大好きという人は多いと思います。でも、海の中はそんなに美味しいウニばかりではありません。体中を鋭い棘で覆い、鉄壁の鎧を身にまとい、近づく者は容赦なく攻撃してくる、怖~いウニも海の中には存在しています。

ガンガゼ

ウニの毒

ウニが毒を持っているのか?海の中で危険なウニは、イイジマフクロウニ,ガンガゼ,ラッパウニの仲間で、この中でも特に被害に遭う可能性が高いウニはガンガゼでしょう。これらのウニは、棘に毒を持っています。この毒の成分はタンパク質から成っていますが、詳しいことは、今のところ解明されていません。

被害 刺されると

ウニに刺される人の多くは不注意からです。特にガンガゼは、ナガウニやムラサキウニと勘違いして手を出して刺される場合が多いようです。また、岩陰に隠れていたり、浅瀬にいるため、間違って踏みつけたり、うっかり手や足を入れて刺さることが有ります。イイジマフクロウニは見た目が綺麗でつい手を出したくなるようなウニです。ダイバーの中には、ウニと共生するエビやカニを観察しようと、近づきすぎて誤って棘に触れて受傷するといったケースもあります。

これらに刺されると激痛を伴ない、周囲が腫れ、場合によっては痺れや麻痺を起こします。特にガンガゼの棘は長く折れ易く、ギザギザが付いているため、棘が抜け難く患部に残る場合が多いため、受傷部が化膿することがあります。

毒性の強いイイジマフクロウニの場合は、痛みや腫れは他のウニ同様に起こりますが、重篤の場合に死亡するケースが報告されています。

応急処置 もしもの時の対処法

患部を水で洗い刺された部分から棘を取り除いて下さい。毒がタンパク質であることから、火傷しない程度の熱いお湯に30分~1時間漬けていると毒が不活性化し痛みが治まってきます。後は至急病院へ行き手当てを受けて下さい。特に注意する点は、患部に棘を残さないことです。残っていると、その部分が化膿したり、なかなか完治しないことがあります。

ウニの棘(トゲ)を利用する

ウニの仲間に太いトゲを持った変り種がいます。その姿からパイプウニと呼ばれ、大人の小指程度の太さのトゲを持っています。パイプウニが死ぬとそのトゲだけが残り、波打ち際などに打ち上げられることがあります。そのトゲを使ってインテリアやアクセサリーなどに利用されることが多いです。

このサイトでもウニのトゲを使ったアクセサリーをいくつか紹介していますので、もし海でウニのトゲを拾ったら何か作ってみてください。

関連記事


Sponsored Link