鰭(ヒレ)-鰭の役目 | 魚のヒミツ


鰭(ヒレ)の役目

魚には様々な鰭が付いていますが主な役目は・・・

  • 尾鰭 : 推進力を生み出します。
  • 背鰭、腹鰭 : 体を安定させ横揺れを防ぎ、また方向舵として働きます。高速遊泳時には折りたたまれます。
  • 胸鰭 : 尾鰭の動きによって生ずる運動の偏りを安定化し、広げる角度を変えることでブレーキ、方向舵として働きます。また、一部の魚では胸鰭の運動で前進するものもいます。
  • 腹鰭 : 体の安定を保ちます。

進化した鰭…魚類の生活環境により鰭の形は変化してきました

  • コバンザメの背鰭…第一背鰭が吸盤状に変化したもの
  • ハゼ、ダンゴウオ類の腹鰭…腹鰭が吸盤状に変化したもの
  • ホウボウの胸鰭…胸鰭の下部の軟条が遊離して指状に変化したもの
  • アンコウ類の背鰭…背鰭の第一条の先端が擬餌状体、発光器に変化したもの
  • サメ、エイ類の腹鰭…腹鰭の内縁が肥厚して交尾器(鰭脚)に変化したもの
  • マンボウの尾鰭?…橋尾(舵鰭)と呼ばれ真の尾鰭ではなく、背鰭と臀鰭の変形
  • フグやヨウジウオ類は胸鰭を欠きます。また、ウツボ類は胸鰭,腹鰭を欠きます。

Sponsored Link