鰭(ヒレ)-鰭の形状 | 魚のヒミツ


鰭(ヒレ)の形状 魚類により、鰭の形状や位置,鰭条の数が異なります

背鰭・・・背鰭の数によりその種を知る助けになります

  • 1基 : 多くの魚に見られる普通の背鰭
  • 2基 : マサバ、カツオ、ブリ、マアジ、カワハギ類
  • 3基 : タラ、ヘビギンポ類

尾鰭・・・様々な形の尾鰭があります

  • 原正尾 : 肺魚に見られる先の尖った流線型をした尾鰭
  • 歪尾 : サメ類に見られる鰭の上側が大きく伸びた形をした鰭
  • 正尾 : ほとんどの硬骨魚類に見られる尾鰭 (下図参照)
尾ビレの形状

代表的な尾鰭の形状と魚種

  • 円形 : ハタ類などの岩礁定着性の魚類
  • 截形(せっけい)、尖形 : 低生魚類
  • 湾入形、ニ叉形 : 遊泳力のかなりある魚類
  • 三日月型 : 外洋層を高速遊泳する魚類 カツオ、マグロ、カジキ類

胸鰭と腹鰭の位置…胸鰭に対しての腹鰭の位置が分類上大切です

  • 腹位 : 胸鰭の後方にあるもの ニシン、サケ、フナ類
  • 胸位 : 胸鰭の下方にあるもの サバ、トラギス類
  • 喉位 : 胸鰭の前方にあるもの タラ、ギンポ類

Sponsored Link